独身老後の平均支出額は15.6万円と言うが

独身者の老後における平均支出額は、統計によれば、15.6万円と言われています。これでやっていけるか否かは、人それぞれなので何とも言えません。

僕自身は、十分やっていけると思っています。

ただ、それ以前に、僕の年金受け取り予想額は、月8万円なので、今からその金額でやりくりする方途を、考えています。

生活のカギを握るのは住宅費

正直なところ、家賃がなければ、15.6万円もあれば、楽勝でしょう。これでやっていけないのは、よほどやり繰りが杜撰なのです。

ただ、この金額から家賃などを払ったら、もちろん家賃の額にもよりますが、生活はかなり厳しくなります。家賃を、5万円ほどに抑えられるならば、やっていけるでしょうね。

月13万円ほどの収入を見込んでいます

僕の場合は、8万円の年金と、それ以外の副収入を合わせて、13万円ほどになることを目指しています。これには、株の配当収入も入ります。

65歳以降は、原則として働かなくても生活ができるレベルを目指しています。仮に働くとしても、すごくゆるーい仕事を気楽にやる程度ですね。

その程度の仕事であれば、ストレスも少ないし、よい気分転換になるかもしれません。そうであったとしても、やはり、働かなくてもいいだけの収入は確保しておきたいところではあります。

収入確保と賢い家計管理

収入確保と同時に大切なことは、スリムな支出、賢い家計管理です。たとえそこそこの収入があっても、家計管理がへたくそでは、お金は出ていく一方です。

収入確保と節約などの生活のスリム化が、老後生活を支えます。僕は、独身老後の平均支出額である15.6万円以下の生活を余儀なくされますが、そこは知恵と工夫で乗り切れると思っています。

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。