株主優待分は食費としては換算していない

名古屋発祥のブロンコビリー。ファミレスの中では、しゃぶしゃぶどん亭と並んで好きな店です。

マンション暮らしの頃は、安楽亭やかつやなどに、よく行っていました。

で、介護離職し、さらには両親も他界して、ローコスト生活となった今は、自炊を中心とした食生活ですが、平均すると月に7回は、外食しています。それでも、月の食費は2万円ほど。

まずは、自炊生活がどれほど効率がいいかを言うと、たとえば、大根にしろキャベツにしろ、大きめのものを買えば、一週間ほどは持ちます。

大根などは、上手く切り分けて冷凍保存。

左側は、チーズですが、これは自分でピザを焼くときのエクストラ分を一回ごとに小分けしています。右側の二つが大根ですが、大きく切ったほうはキムチ鍋用で、小さく切ったほうはミネストローネスープ用です。

キャベツは、ほぼ毎日食べていますが、大きめのものを買うと、かなり食べ応えがあり、また、料理の応用範囲も広い。

で、大根にしろ、キャベツにしろ、上手く底値で買っていけば、それぞれ、100円ほど。

つまり、200円で、数回から10回分ほどの、料理の材料として使えます。まあ、これはほんの一例。

で、今は、さらに食材を無駄なく使うことを考え、日々進化中ですし、料理のレパートリーも、確実に増えています。

外食については、株主優待を活用していますが、これは、使える範囲が限られます。

それでも、鳥良商店のランチ、ステーキ宮のランチ、藍屋のランチ、レストラン天狗のランチ、ブロンコビリーのランチでは、大活躍します。

吉野家の株を持っていれば、しゃぶしゃぶどん亭で使えるのですが、持っていないので、こちらは持ち出し。

それ以外の外食は、ときどき日高屋の中華そばが無性に食べたくなったときや、リンガーハットのちゃんぽんを食べに行きますね。あと、満州餃子にも、月に1回は行きます。食べるのは、ほとんどレバニラ炒めセット。

あとは、マクドナルド。これは、楽天ポイントでの支払いで、月に2回程度。ちなみにマクドナルドは持ち帰りなので、外食にはカウントしていません。

それ以外では、近所にある寿司屋のランチ。これはかなりお得で、割引券を使って1000円以下。

上記以外では、イレギュラーで、蕎麦屋に行ったり、個人経営の中華料理屋に行ったりします。

まあ、株主優待分を食費としては換算していないアドバンテージはあるものの、自炊を中心にして食費は2万円ほど。

節約などは、特にしていませんが、月の食費は、2万円以内でおさまっています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする