隣の市の図書館まで歩いて往復

昨日は、隣の市の図書館まで、歩いて行ってきました。片道はおよそ7キロではないかと思います。時計で測ったら、片道90分かかりました。

今の自分の脚力を知るために

介護離職後、往復4時間の通勤から卒業し、歩く距離が大幅に減っています。そのため、少し自分の脚力を試す意味もあり、ほどよいと思われる距離を歩いてみることにしたのです。

ただ歩くのではおもしろくないので、目標地点を隣の市の図書館にすることで、本の返却も兼ねて合理的な歩行にしてみました。

90分の道行き

歩いてみて気づいたことは、最初の30分で、まだここまでしか来れないのかと思い、すぐに休みたくなったことです。ただ、休むと言っても椅子などはなく、さらに椅子がありそうな場所を目指して歩き進めました。

歩いて60分後に、市役所前でベンチを見つけ、休むことができました。5分ほど休んで、水を補給し、さらに30分ほど歩いて、図書館に到着。行きの所要時間は、90分でした。

帰りは80分に短縮

図書館では、当然のことながら立ったまま次に借りる本を探します。これは楽しい作業なので、時間を忘れるのですが、あとで計ったら40分くらいは探していたようです。

帰りも、同じ道を歩いたのですが、歩くことに調子が出てきて、行きよりも短い、80分で家にたどり着きました。まだ、雪も残っていた道を歩いたので、景観も良く、往復14キロほどの道のりは、ウォーキングのとりかかりとしては、手頃な距離だったと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。