体の声を聴く重要性

僕は、60年以上生きていますが、薬というものをほとんど飲んだことがありません。

また、入院経験も、一度もありません。

だからと言って、特別、健康というわけでもありません。

どちらかというと、体力は、ないほうです。

だから、会社員生活は、楽ではありませんでした。

きつくなったら転職し、を繰り返し、何とか自分でも続けられそうな職場に長く居着いて、乗り越えてきました。

弱者の兵法です。

で、今は、リタイアの身なので、体的にはとても楽、です。

僕は、睡眠が削られるのが一番こたえるのですが、今は、基本的に、眠いときには眠ることができるので、そこが大変助かっています。

眠くなったら、眠る。

これで、ほとんどの疲労が回復しますし、精神的にも元気になります。

食べるほうも、会社員時代は、無理にでも食べていましたが、今は、食べたくなければ食べない、ことを基本にしています。

食べたくない、ということは、体が要求していない、ということです。

要求もしていないのに、時間だから、習慣だから、と栄養を入れていると、だんだん体の声が聴けなくなってきます。

実は体は、知識をこねくり回す脳よりも、賢いところがあります。

脳は、大切な器官ではありますが、同時に、「思考」が暴走して、体に対して余計なことをし出します。

長年の経験で、そうしたことに気づいてからは、

体のことは体に任せるのが一番いい

と思うようになりました。

そのように生きたほうが、医者いらずで、天寿を全うできるように思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする