だからお金が減らない

あのですね、何で僕が、節約もせずに、月6万円ほどで暮らせているのかというと、ストレスがないからなのですよ。

僕は、新宿で働いていたのですが、24時間の勤務明けには、必ず、晩酌替わりのどこかの店に寄りました。

だいたいは、リンガーハットかやよい軒。

リンガーハットでのお決まりは、生ビールでちゃんぽんの麺2倍(通常と同じ値段)を食べるのですよ。

もう長いこと、リンガーハットにも行っていませんが、新宿のその店は、ホストやキャパ嬢なんかもいて、人間観察には事欠かなかったのですよ。

あとは、やよい軒で、定食を食べるか、サブウェイでターキーブレストかベジーデライトをテイクアウトしてスタバに行き、外の席で食べる、と。

この3パターンが圧倒的に多かったのですが、たまには、麺お替り自由の豚骨ラーメンを朝から食べたりしていました。

とにかく新宿は、朝から飲食店もバリバリやっていましたから、何か食べて帰るのが普通だったのですよ。

場合によっては、すぐには 帰らずに、西新宿当たりのちょっとよさげな店に行ったりもしていましたし、月3回ほどの頻度で、営団一日券を買って、都内をぶらぶらしていました。

そんなことができたのも、24時間勤務だからこそで、月10回出勤すればよかったので、それが、なまけものの自分には合っていたのでしょうねえ。

で、何が言いたいのかというと、働いているときのほうが、それなりにお金を使っていたのですよ。

しかし今は、仕事をしていないので、そもそも家にいることが多いわけです。

とすると、本当にお金って、使いませんよ。

もう、食料品を買いに行くぐらいしか、ありませんて。

だからお金が減らないし、月6万円でおつりがくるくらいなのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする