節約のし過ぎは病気になる

これは、自分への戒めとしても言い聞かせていることではあるのですが、

節約のし過ぎは病気になる、と思っています。

その理由を言いましょう。

よくある節約に、食費が、あります。

でも、食費は、あまり落とすべきではありません。

たとえば、僕は、マーガリンは食べません。

理由は簡単。

体に悪いから。

確かに、バターよりも安いし使い勝手もいいのは、マーガリン。

でも、マーガリンには、以下のような弊害があります。

マーガリンの柔らかさや硬さを維持するために「水素添加」が行われ、

その際、副生成物としてトランス脂肪酸が作られます。

このトランス脂肪酸を大量に摂取すると、

悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールは減らしてしまいます。

いわゆる脂質異常が起こるのです。

すると動脈硬化が起こり、心臓病や脳卒中を引き起こす危険性があります。

トランス脂肪酸を大量に摂取すると、体内では活性酸素が発生します。

活性酸素が発生すると、老化現象が現れます。

見た目に起こる老化現象は、シミ、シワ、たるみ。

さらには、身体の内側で起こる老化現象は、

動脈硬化、糖尿病、がん、老人性痴呆、脳腫瘍など、

様々な病気リスクが高まります。

それだけではありません。

免疫力を低下させるので、風を引きやすくなったり、

または治りにくかったり、花粉症やアレルギーを発症させることもあります。

トランス脂肪酸は、何もマーガリンだけに含まれているわけではありませんが、

今は、一例として、マーガリンを取り上げたまでのこと。

つまり、何が言いたいのかと言うと、

節約に走りすぎると、その結果として、体に悪いものを入れるリスクが高まるよ、と。

そして一番言いたいことは、

食費の節約などはたかが知れていて、

それよりも、病気になったときの支出のほうが膨大だし、

何よりも、病気になることの不利益は、

お金に換算できないほどのマイナスだよ、ということ。

だから僕は、食費については、おおらかに考えています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする