生活規模を小さくしておけば、生き延びる確率が上がる

今は、コロナ禍で多くの人が、苦しんでいます。

こうした中、多くの人の生活が大変です。

 普段は、表面化することがなくても、こういうときには、貯金、のありがたさが、身に沁みます。

多少なりとも貯えがあれば、乗り越えられる、という人もいるし、商売などをしている人であれば、多少の貯えでは回らない、という人もいて、様々でしょう。

僕が、ローコスト生活に徹しているのは、普段から、生活規模を小さくしておけば、こうした状況でも、生き延びる確率が上がると思うからです。

まあ、臆病者の処世術、とでも、思ってもらえればよいか、と。

これで僕が、多額の預貯金があるのならば、そんなことは考えなかったと思います。

誰だって、お金を使う生活のほうがいいですからね。

でも、質素な生活が当たり前になれば、その当たり前の中で、幸せを見つけられます。

たとえば、床屋代。

僕は、2か月に一度、1000円のところに行っています。

で、もっと節約しようと思えば、自分で髪を切る、ということも、有りだと、思っています。

そのように、自分でできる工夫は、とにかくやってみる、ということが、ローコスト生活の第一歩。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする