ワクチン無間地獄

コロナウィルスワクチンの4回目の接種が取り沙汰されていますが、

これって、いつまで続くんでしょう。

5回目、6回目?

勿論、ワクチンは、打つも打たぬも自己責任。

ただ、現役会社員だと、いやでも打たざるを得ない人もいるかもしれません。

以下は、人生激辛部さんの記事からの抜粋。

もうすぐゴールデンウィークなんだが、とりあえず僕は引きこもり続けます。予定があっても極力引きこもります。それはなぜかといえば、僕の今の状態が一番コロナウイルスに弱い時期だからだ。

2回目のワクチン接種をして3回目の接種を受けない人は、ワクチンを全く打っていない人より、コロナウイルスに対する抵抗力が低くなるそうだ。2回目のワクチン接種を終えて、7ヶ月が経過した人は要注意です。

40代の人の場合、ワクチン2回目を接種して7ヶ月経過した人は、全くワクチン打っていない人よりコロナウイルスで死ぬ確率が2倍になっている。もっと高齢の人になると、接種していない人より死ぬ確率が6倍になっている。

イギリスでワクチンで死んでいる人の数を統計取っていたのだが、こんな結果が出てきたので統計は公表しなくなりました。3回目の接種をすれば、またコロナウイルスに対する抵抗力は上がるのだが、それは一時的なもので有効期限が切れたら、すぐにワクチンを打たなければ危なくなる。

イギリスでの統計は、公表しなくなったようです。

大本営発表というのは、

今のロシアのプロパガンダをはじめ、

かつての日本でもありました。

健康管理も金銭管理も、

そしてもちろん投資も、自己責任が原則

自分の選択が、自分の人生を決めていきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする