保証人のいない人には極めて不利な制度

天涯孤独のおひとり様、つまり僕のような人ね、

そうした、天涯孤独者がコロナになった場合、

まず、入院は、できません。

そもそも入院そのものが、

保証人のいない人には極めて不利な制度。

なので僕は、入院そのものを、あきらめています。

と言うよりも、

入院しない生活を心がけて、

普段の暮らしをしています。

でも、コロナは、人を選びません。

この人は、天涯孤独者でかわいそうだから、

感染はやめておこう、などとは、考えません。 

で、天涯孤独者がコロナになったら、

まず、自宅待機、となります。

世話をしてくれる人は誰もいないので、

自分で食べるものを調達しながらおとなしくしている、と。

先日、隣の旦那、

旦那と言っても、もう70くらいでしょうが、

子供夫婦が孫を連れてきていて多少賑やかでしたが、

同情されました。

あからさまな同情というのではなしに、遠回しな同情。

ひとりの人は困っちゃうよね、みたいな。

人は、波動を感知するもので、

隣の旦那は、僕から不安の波動が出ていないことは、

わかったみたいで、一般論としての心配をしていました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする