生活レベルを調整しながら

収入が少ない場合、大切になるのは、生活レベルの調整です。

母が生きていた頃は

母の介護をしながら暮らしていた頃は、母の年金と、遺族年金があり、月に15万円ほどの生活費は、勝手に入ってきました。

で、今はどうかと言うと、もう年金収入はないので、自分の労働による実入りが、主たる収入源になるわけですね。

今はアルバイト収入で

そして、その収入が、概算で10万円ほど。

そこから住宅ローンも払わないといけないわけですから、当然ながら、生活レベルは落とさざるを得なくなります。

この、生活レベルの調整が、肝心かなめなのですよ。

シンプルに考えて

ここはシンプルに考えて、人が必要なものは何なのかを、突き詰めます。

すると、住むところと食べるもの、ここに、行きつきます。衣類などは、買う必要がないほど、すでに持っていますから、除外できますね。この点、女性はそうはいかないでしょうが、僕は男なので、楽なのですよ。

で、住むところと食べるもの、人生、これだけを抑えれば、最低限の生活は送れますね。

経験は、得難い友

最低限の生活を経験しておくことは、あとあととても生きてきます。その経験は、得難い友ですからね。

「俺は、あの低収入で生き抜いたんだ」という、根底の自信にもなります。

まだまだ長い老後です。ほどよいアルバイトをしながら、知恵を磨いていきたいと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする