コロナ禍による「住宅ローン破綻」も起こり得るよね

今朝、配信された現代ビジネスの記事が、考えさせられる内容だったので、紹介します。

 あまり気にしている人はいないだろうが、住宅ローンの契約書には、「延滞が発生したときには金利優遇の対象外になる」といった記述がある。

 意識している、していないにかかわらず、住宅ローンを利用している人のほとんどが、優遇金利制度の適用を受けている。

 たとえば、銀行のホームページでは変動金利型の住宅ローン金利は0.525%~0.625%などと表記されているが、これは、店頭表示金利の2.475%から1.850%~1.950%差し引いた優遇金利なのだ。

 知らず知らずのうちに、優遇金利制度を利用しているわけで、契約書の記述は、延滞が発生すると、この金利優遇がなくなってしまうことを意味する。

 新型コロナウイルスの影響による収入減少で、住宅ローンの返済が厳しくなっている人が少なくないだろうが、残高不足から住宅ローンの引き落しができずに延滞が発生すると、この優遇金利がなくなり、適用金利が上がり、返済額が増えてしまうということになる。

 延滞が続くと、最悪、任意売却や競売によってマイホームを失った挙げ句、住宅ローン返済だけが残るといった事態もあり得る。まさに泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目、踏んだりけったりだ。

 もちろん、たった1回の延滞で翌月から実施という非情な金融機関ばかりではない。引き落とし口座に入金するのを忘れていただけのうっかりミスで、翌月から通常通りに返済できることが明らかであれば、猶予してくれるところもあるだろう。

 特に、今回の新型コロナウイルスの影響に関しては、ある程度事情を斟酌してくれるところが多いと考えられるが、原則としては1回でも延滞してしまうと、翌月から金融優遇がなくなっても文句はいえない。少なくともそれだけの覚悟は持っておくべきだ。

うーん、僕もだいたい、毎月、家賃を払う感覚で、住宅ローンの専用口座にお金を入れていましたが、うっかりミスということも、ありますからね。

まあ、今は、それ以上に、新型コロナウイルスの影響で、収入が減った人の中には、多額の住宅ローンを抱えている人もいるでしょう。

そうした人が、返済不能になったりすると、また、銀行も不良債権を抱えることになるわけで、負の連鎖は、いろいろなところに発生していますね。

人命が大切なのは言うまでもありませんが、同時に、経済苦で起こる不幸も視野に入れて対策を立てねばならず、頭の痛い状況は、まだしばらく続くのかもしれません。

こういう時に身に染みるのは、住宅ローンに限らず、負債のない生活の大切さ、ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする