住宅メンテナンスの予算も考える必要が

一昨日、動かなくなった給湯器でしたが、昨日、何とか復活しました。まだ4年半しか使っていないので、いま壊れられたら、かなりの出費になるところでした。

ダメージを痛感

普段当たり前に使っているものが使えなくなるだけで、かなりのダメージを受けるものですね。そのことを、改めて痛感しました。

今回は給湯器でしたが、人間の体についても同じことが言えます。普段当たり前に使っている体のどの部分が調子悪くなっても、困りますね。

自分でできることと業者に頼むこと

今回のことがあり、給湯器については、自分なりに調べてみました。今後のメンテナンスや買い替えのことなども、考えるようになりました。

自分でできることは極力自分でやるにしても、今後は、業者に頼まなければならないことも出てくると思います。そうしたことも織り込みながら、住宅のメンテナンスの予算のほうも、考えていかなければと思いました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。