住むところがないことのストレスと恐怖と不安

今、都内では、自粛要請により、多くの業態が影響を受けていますが、ネットカフェもその一つ。

で、こうしたネットカフェを根城にしている人たちは、不安定な仕事をしている人が多いと聞きます。

収入が止まれば、ネットカフェへの支払いも滞って、いられなくなるわけですが、

そうしたリスクの中で生きてきた彼らも、今回は、自分の都合ではなくて、コロナ禍による営業自粛による追い出し。

叩き出されても、受け皿がなければ、即、野宿が決定。

頼れる人でもいれば、しばらくは居候も可能でしょうが、それも長引けばストレスがたまりまくります。

ネットカフェに住む人にしても、台風被害の家に住む人にしても、 今回のコロナ禍による影響は甚大で、住むところがないことのストレスと恐怖と不安は、量り知れません。

年々巨大化する台風や地震も不安要素ですが、それに加えての今回のコロナ禍は、この世の無常を、いやでも感じざるを得ない出来事です。

このような状態で、今、首都直下型地震でも起きたら、もはや収拾はつかなくなるでしょう。

それこそ、東京オリンピックどころの騒ぎではなくなりますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする