中古マンションが相場より安いもう一つの理由

中古マンションのニーズは、それなりにあると思いますが、

なるほどと思う理由で、価格というものは設定されます。

ただ、僕が、これは意外だと思ったというか、

でも、買う側の気持ちからしたら、確かにね、と思うことがあったので紹介します。

以下は、そう思った記事からの抜粋。

 中古マンションを探していると、やたらと相場より安い物件に目を引かれることがあるだろう。しかし、物件概要を見てみると「維持費が高い」というカラクリがあり、結局は手が出なかったという経験は一度や二度ではないはずだ。そう、維持費が高くなると物件価格を相場より下げざるを得なくなるのだ。

 吉田さん(60代男性・仮名)が住む築20年ほどのファミリータイプのタワーマンションもまさにこうした条件が当てはまる物件だ。

「うちは高級とは言えないまでも、駅近で、複数の共用施設があります。子供の独立を機にコンパクトなマンションに住み変えようと、査定に出したところ、相場より格段に安い3500万円でした。周辺の同じ広さのマンションは4500万円程度で取引されており、1000万円も安いのです。不動産業者に理由を聞くと、うちの物件は月々の管理費と修繕費の合計が3万5000円ほどで、この高額な維持費がネックになっているとのことでした。

 サラリーマンが買えるくらいの物件で、の維持費が月3万円を超えると、心理的にも途端に買い手の検討対象から外れてしまい、物件価格を相場より大幅に引き下げないと売れなくなるのだそうです」(吉田さん)  吉田さんのタワマンはなぜ、ここまで維持費が高額なのか。

 「実は何年か前に、2回目の大規模修繕のときにお金が足りなくなるとかで修繕費が一気に1万円ほど値上がりしてしまったのです。当時は『売りにくくなって資産性が下がる』と反対する住人もいたのですが、管理会社も良かれと提案してくれているのに、クレーマーみたいに反対するのはみっともないなんて思っていました。ですが、今にして思えばその住人の言う通りでした」(同)

うーん、一生住み続けるにしても、維持費の上昇はつらいものですが、

売却時には、それが足かせになる、と。

僕も、13年間、分譲マンションに住んでいましたが、

その間には、一度大規模修繕がありましたし、

管理費の値上げもありました。

まあ、タワマンほどの維持費はかからないにせよ、

一戸建てとは違い、マンションは、住宅ローンが終わってからも、

固定費の支出は否めません。

戸建てがいいか、マンションがいいかは、人それぞれ。

ただ、買い替えや、売却、なども視野に入れた出口戦略だけは、

しっかりと、考えておいたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする