老後を視野に入れた植栽の管理

母が死んで20日が経ち、慌ただしい日々の中にも、日常が戻りつつあります。今日は、だいぶ伸びてきた草むしりと、わずかですが残っている植栽の管理をしました。

年を重ねるほど、庭の手入れは楽なほうがいい

もともと庭と呼べるようなものはなく、家が建っている場所以外は、車の駐車場なのですが、それでも、家の裏側とサイドには、草が生えてきます。

昨年、小砂利を敷き詰めた効果で、草の根付きはだいぶ制御されています。それでも、家の周囲の草むしりに1時間を要しました。

さらにそこから、隣家との境界にある一本の木の枝を刈り、さらにその木の下にある植栽の刈込もしたため、計2時間半を要する作業になりました。

30リットルのごみ袋5杯分の草や枝が、今日の作業で出た量です。明日の燃えるゴミに出す予定です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする