住居も一つの消費財として考えたほうが良いのかもしれません

豪雨被害をテレビなどで見るにつけ、

気候変動と、持ち家リスクを、

どうしても考えてしまいます。

それと言うのも、台風19号のときも、

僕の家からもさほど遠くないエリアが水没し、

その惨状を目の当たりにしているからでもあります。

もはや今は、

住居も一つの消費財として、

考えたほうが良いのかもしれません。

それほど、今の災害は、甚大です。

そのような災害に見舞われた場合、

まずは命の危険があり、

次に経済的な損失が、考えられます。

家を失う恐ろしさ、

経済的ダメージの大きさ、

などが、襲い掛かってきたらと思うと、

身が竦みます。

ましてやそれが、

人生の晩年に起こったら、

なかなか立ち直れるものではありません。

災害は他人事ではない、

との思いを、

新たにしています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする