一人ぼっちの自分の残り時間を考えながら

災害に見舞われたら持ち家も大変だという話を昨日した後に、

では、賃貸ならば、と思って検索。

うーん、やはり賃貸でも、4万円から10万円くらいの幅が。

勿論、それより安い物件も、高い物件もあります。

たとえば、URの契約時の収入基準は、以下の通り。

僕は、おひとり様なので、

単身者の項目にしか、目が行きません。

〈単身者で申し込む場合の基準月収額〉

  • ・家賃6万2500円未満:家賃額の4倍
    例/家賃5万円の住戸の基準月収額は20万円
  • ・家賃6万2500円以上 20万円未満:25万円(固定額)
  • ・家賃20万円以上:40万円(固定額)

URなどは、クオリティも担保されているし、

それなりに快適だと思うのですが、

7万円以上の家賃を払っているとしたなら、

僕の住宅ローンよりも高いです。

そもそも、僕の年金見込み額が、

満額でも9万円ほどなので、

申し込みすらできませんね。

で、家賃には、ゴールがありません。

住宅ローンには、当然のことながら、

完済というゴールがある、と。

勿論、維持費というのがかかりますが、

たとえばの話、

僕が経済的な理由から、

屋根や外壁の補修をしなかったとしても、

ギリギリ、何とかなるかもしれません。

だって、僕はもう60代。

平均寿命まで生きたとしても、20年。

その間に雨漏りがするとは、今のところは考えられません。

勿論、屋根や外壁の補修は、

したほうが良いのは当たり前。

でも、一人ぼっちの自分の、

残り時間を考えながら、

それなりの補修でも良くね、

と言いながら自分を慰めている、

僕なのでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする