安アパートだったら、リタイア生活もあまり楽しくないかも

再開したアルバイトも、

コロナで終了となってからは、

まさに、フルリタイア生活。

月に3日ほどは、

請負の検針員として働いていますが、

それは、半ば遊びのような仕事。

まあ、リタイア生活は望むところなのですが、

これがもし、

都会のワンルームだったらと思うと、

事情は変わってくるかも。

狭い部屋に住んでいても、

毎日仕事に行くなら、

寝に帰るだけだから、

苦にはならないと思うのですよ。

それがもし、リタイアで狭いワンルーム、

もしくは防音のしっかりしていない安アパートだったら、

リタイア生活もあまり楽しくないかも。

リタイア生活とは違いますが、

リモートワークも、家にこもっての仕事。

SPAで、以下のような記事を見ました。

 リモートワークに完全移行してから1年が経ったという会社員・坂本晋作さん(仮名・20代)が証言する。 「たまにキャー!とかアー!とか聞こえてきてね。真っ昼間ですよ。絶対にリモートワーク中のはずです。狭いワンルームに朝から晩までいて、寝るのも起きるのも、飯を食うのも風呂もトイレもぜんぶココ。私だって、気がおかしくなりそうになりながら仕事をしていますよ」(坂本さん、以下同)  坂本さんは東京都内のマンションに住んでいる。8階建てだが全戸が6畳のワンルーム。  ゆえに、若い独身者ばかりが住んでいて、少なくない住民が自室で「リモートワーク」に励んでいるとみられる。だが、狭い空間に閉じ込められ続けたことで、気分が優れず、仕事にも力が入らないと嘆く。  そんななかで聞こえてきたのが、女性の悲鳴だった。 「同じフロアに、妙齢の美しい女性が住んでいるのですが、声はそこから聞こえてきます。コロナ禍より前、廊下ですれ違うといい匂いがして憧れていたんですが、リモートワークになってからは、上下ジャージで頭はボサボサ、ふらふらとコンビニに行く様子を見て、ツラそうだなと。私も仕事をしていて、思わずワー!と叫びたくなること、ありますもん。髪型や服装にはすっかり無頓着になりました」  髪型を整えたりや髭剃りが億劫になってくると、丸一日をパジャマで過ごすようになり、よりいっそう外出もままならなくなった。

うーん、 なかなかにつらい様子がうかがえます。

僕も、都内でアパート暮らしをしていたころは、

いちばん狭い部屋で3畳、

あとは、6畳くらいが多かったですが、

一日中その狭い空間にいたことは、数えるほどでした。

疲労困憊して寝ているとき以外は、外をぶらついていました。

なので、リモートワークのつらさも、わかるような気がします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする