管理費や修繕積立金などの固定費を持って行かれるのはつらい

僕は、親の介護で実家に戻る前の13年間、

隣の市の駅前分譲マンションで暮らしていました。

また、二十代の頃は、葛西の賃貸マンションに半年ほど、

暮らしていたので、マンション生活の快適さは理解できます。

潤沢な年金があれば、老後のマンション生活はおすすめ。

何しろ、管理費を払っているので、管理が要らない。

一戸建てだと、狭い敷地であっても、夏になると草が伸びる伸びる。

年々、そうした管理のための作業が、大変になっていきます。

ただ、マンションは、管理費と修繕積立金が、

問答無用で、でていきます。

さらに言えば、住民の合意が得にくい。

みんな、生活レベルや事情が違いますからね。

僕のような、年金見込み額が9万円の、低年金受給者は、

そこから、管理費や修繕積立金などの固定費を、

持って行かれるのはつらいのですよ。

だいたい、2万円くらいは、掛かるんじゃないでしょうかね。

となると、残りの年金は7万円。

これでは、持ち家でありながら、

生活保護受給者よりも、使える金額が少なくなります。

さらに、固定資産税が上乗せされるわけですから、

実質の使える年金は、6万円ほどになってしまいます。

マンションのほうが、固定資産税は高い傾向にあるし、

減額しにくいので、ね。

年金を15万円くらい貰えるならば、

マンションのほうが楽かもしれません。

なので、一戸建て向きか、

マンション向きかは、

各自の経済規模によってかなり左右されると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする