より少ないことは、より豊かなことである

ドイツの建築家であるミース・ファンデル・ローエが提唱した考え方が、まさに『LESS IS MORE』です。

モノがあふれた暮らしはエネルギーを奪い取る

僕は昔から禅寺が好きでした。特に雲水の修行する禅道場などは、立って半畳寝て一畳と言われるように、座禅ができて自分が横になるスペースがあれば十分という考え方です。

そのような簡素な生活ですと、意識が集中しやすくなります。雑念を振り払いやすいのですね。

一方、モノがあふれた暮らしは人の居場所を奪うだけでなく、人のエネルギーも奪っていきます。

片づけても片づけても、物は減りません。それは、モノが隠れているだけで、依然としてスペースを奪っています。

モノに依存するよりも、無限界の喜びを

クルマを何台も所有して、豪邸に住んで、モノを買いまくる、果たしてそれが豊かな暮らしなのでしょうか。クルマを何台も持っていても、それに乗れる体は一つだけです。

あるいはまた、紀州のドンファンのように女性を追い回しても、心の平安は得られません。

物欲、地位欲、名誉欲、情欲、それらいずれも、心の平安から遠ざかるものばかりです。

それよりも、自分の目で選び抜いた少ないモノで、質素な生活をする中に、実は無限につながる喜びがあります。それはつまり、モノに頼らない生活だからこそ、無限界の喜びに通じているのかもしれません。

スポンサードリンク