ただ生きて死ぬだけ、ただそれだけ

吉田兼好の言葉に、「死は前よりもきたらず」「かねてうしろに迫れり」というのがあります。

僕が一昨年、母を亡くしたときが、まさにこの言葉の通り、でした。

だって、死の2か月前には、一緒に湯河原温泉に行っていたのですよ。

大好物のケンタッキーフライドチキンもバクバク食べていたし、体重も、70キロはあって、僕よりも重かったくらい。

元気そのものでしたからね。

その母の母は、103歳まで生きていましたから、僕も楽勝で、94くらいまでは生きると思い込んでいました。

ところが、死は、突然やってきたわけです。

諸行は無常です。

煎じ詰めれば、人は、ただ生きて死ぬだけ、ただそれだけ、です。

そう考えると、ガクンと執着は小さくなります、僕の場合はね、人様はどうか知りませんが。

で、ただ生きて死ぬだけなのがわかっているのだから、この命なにをあくせく、と思うのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする