終わりを知らない富の追求よりも自由のほうが良くね

僕は昔から、お金よりも自由な時間のほうに価値を置いていたので、会社内で出世を考えるとか、人と競争するという意識はありませんでした。

とにかく早く会社からトンズラしたい、とばかり考える人間でしたね。

まあ、僕は少数派なので、仕事がそれなりに好きなふりをしていましたが、やっぱりあんまり好きではなかったのでしょうねえ。

一時的に仕事に熱中することはありましたが、社内政治とか人間関係とか、もう、うっとうしくて、とにかく早くトンズラして自由にしていたいとばかり思っていました。

僕が、お金よりも自由だよね、とか、言っても説得力がありませんが、 スティーブ・ジョブズの最後の言葉 ならば、説得力は大ありでしょう。

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。

もっと大切な何か他のこと。

それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。

終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。

私のようにね。

スティーブ・ジョブズの最後の言葉 は、まだまだ続きますが、お金をいくら集めても、時間には限りがあるということ。

そして最後には、死というゴールがあることは、紛れもない事実。

なので、お金への執着はほどほどにして、もっと自分の時間を持ったほうが良くね、と、僕などは思うほうなのですよ。

これは、若い頃から変わらない思い、です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする