死に際に所有のアホらしさに気づく

すべての人に、共通する事実があります。

それは、誰しもが、必ず死ぬ、と、いうこと。

絶対権力者であっても、その運命から逃れることはできません。

そして、死ぬときに、あれほど必死で求めてきたお金や地位や名誉、などといったものが、幻であることに気づきます。

自分はいったい、何をしてきたのだ、と、慟哭する瞬間でもあります。

諸行は無常であり、一切のものは過ぎ去っていきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする