イエスも、ソクラテスも、ブッダも貧乏だった

これはおそらく、皆さんご存知のことだとは思うのですが、イエスも、ソクラテスも、ブッダも貧乏だったのですよ。

ただ仏陀は、王子だったので、出自はお金持ちです。

まあ、自ら進んで貧乏生活に入って行った変わり者、です。

だから、貧乏何するものぞ、なのですよ。

で、今は、時代的な恩恵がありますからね。

イエスも、ソクラテスも、ブッダも貧乏だった当時は、ネット環境なんかありませんでしたから。

今は、娯楽は、ほぼ無料でゲットできる時代。

こうした時代背景を考慮すると、今の貧乏は、貧乏ではありません。

それと、 貧乏は「単なる欠乏」ではないのです。

もっと、 「積極的な価値」があるんですよね。

つまり、 ビンボーからしか得られないものがある、ということ。

たとえば、僕のように、 月6万円で暮らせるようになると、「お金の心配」がなくなります。

老後2000万円問題など、どこ吹く風になります。

どんな金持ちでも「いまある生活を失う恐怖」と戦っているわけで、それって、自由ではないですよね。

彼らは、貧乏を恐怖していますからね。

快適になるほど、自由に楽しく生きていく力が衰えていく、という一面も、あると思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする