雨音の心地よさを感じる

今日は夕方、お風呂に入っていているときに、雨の音を聴きました。聴くとはなしに聴いていたのですが、とても心地よかったのです。

お風呂の温度は、母の好みでいつもぬる湯にしているのですが、確かにぬるいお湯のほうが長くつかっていられます。リラックス効果も、熱いお湯よりも高いかもしれません。

雨音を通して自然を感じる

同じ雨の音と言っても、豪雨では、心地よいというわけには行きません。ちょうど心地よく感じる雨脚の強さというのでしょうか、しとしとと降る雨から、もう少し勢いがあるくらいのレンジが、ちょうど良いように思います。

雨音を聴いていて、心地よく感じていたときは、自然が自分の中に入ってきて、一つになったような気持ちがしました。そのような感覚は、飽きることなくいつまでも心地よいのです。

快楽とは違う心地よさ

この世には、刹那的な快楽や、刺激性の強い快楽がありますが、そうしたものは、本当の喜びからは遠いように思います。どうも僕は、そのような快楽が苦手です。

このところ晴れの日が多かったので、夜には月が良く見えました。最近、満月を何日か続けて見ましたが、月を見るのもとても心地よいですね。

とりわけ、満月は月あかりがくっきりと強く、見とれてしまうときがあります。昨夜は、NHKで2時間ほど、クラシックコンサートをしていて、メシアンの交響曲が流れていました。

それを聴きながら、マットの上で自分なりのストレッチ体操をしていたのですが、そのときにブラインド越しに見るとはなしに満月を見たのです。その満月の綺麗なこと、そして、心地よい音楽、僕は思わずストレッチを中断して、マットの上で、しばらく月を見ていました。

雨の音、満月、そうした日常の中で触れるものの一つ一つが、神秘に満ちていると感じる今日この頃です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。