それは、ギフトでもあった

僕は一度も父親になったことがないので、父親目線での話はできません。

ただ、誰にとっても子供時代はあったわけで、子供目線の話ならばできます。

で、子供にとって良い父親とはどういうものなのかを、考えさせられています。

父親を含めた家庭環境が、子供に影響を与える甚大さは、

もしかしたら生涯付きまとうのではないか、と。

僕自身は、裕福な家庭で育ったわけではありませんが、

親から愛情は注いでもらいました。

なので僕は、親に対する葛藤はほとんどありません。

だからと言って、

毒親に苦しめられている子供の訴えを、

上から目線で説教する立場でもありません。

つまり、

僕が良い親に恵まれたのはラッキーだったからであり、

それは、ギフトでもあったのだと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする