いきなり死を迎えるということ

いきなり死を迎えるということ、について、考えています。

いきなり侵攻されたウクライナの人たちもそうですし、

先日船が沈没した観光船に乗っていた人たちもそう。

いきなり、死というものと直面した時、人はどうなるのか、と。

死を意識し、死を準備する年齢になっている僕にとっては、

そのように、突然死と直面せざるを得なくなった人たちのことが、

気がかりでなりません。

いきなり突きつけられる死というイベント。

その瞬間、人は、何を思うのか。

勿論、それは、人それぞれでしょうが、

「船が沈没しよるけん、今までありがとうね」と、

妻に電話した男性がいたことを、ネット記事で知りました。

死は、誰にでも訪れます。

しかし、その訪れ方は、人それぞれ。

死、を、考えることで、生、が、浮き上がってくるように、

思えて、なりません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする