苦楽について、考える

7月11日から始めたアルバイトですが、12日間働いたことになります。50代後半の、それも慣れない仕事なので、もちろん楽ではありません。

とりわけ、猛暑の中での廃棄物の仕分け作業のときは、なおさらです。ただ、ずっと廃棄物の仕分けをしているのではなく、従業員の送迎をしたり、メール便を決まったルートで配達するなど、変化にとんだ仕事なので助かっています。

ほどよい労働は、楽をもたらす

母の死後、年金収入は皆無となり、生きるために働き始めたわけですが、母の介護をしていたときはいざ知らず、その後一人になって、母の49日法要を終えるまでの日々は、介護もなく、仕事もなく、ほぼ家にいることの多い日々でした。

そうした日々は、楽かと言えば、実はそうでもないのです。確かに毎日好きなだけ寝て、束縛もなく、好きなものを食べ、自由なようですが、次第に生活が怠惰になっていきます。

毎日が日曜日が常態化すると、それはそれで、苦になり得るのです。一言で言えば、張りがなく、リズムのない単調な生活、なのです。

だから、久しぶりにアルバイトをしたときは、新鮮でした。また、長時間でないのも良いのかもしれません。毎日5時間ほどの労働です。

苦楽の中道とは

仏陀の説いた苦楽の中道は、極端な苦行の中にも極端な快楽の中にも幸せはない、というものでした。今の僕で言えば、何もしない生活と、働き過ぎの生活、その両方に幸せはない、と言い換えられるかと思います。

月曜から金曜日まで5時間ほどの労働をすることは、まさに僕にとっての「苦楽の中道」なのです。働くようになって、週末に休みがあることの喜びを深く感じられるようになりました。

毎日が日曜日では、休みの喜びがありません。やがてそれは、苦、にもなります。

苦楽とはつくづく不思議なものだ、と、思う、今日この頃です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする