高収入であっても、浪費を繰り返していれば貧困に陥る

貯蓄ゼロの世帯は全体の17.5%、200万未満の世帯まで広げると35.4%。

その一方で、貯蓄3000万以上の世帯が、38.2%。

貯蓄の格差が特に大きいのは、若年世帯です。無一文の未婚単身世帯もあれば、結婚して子育て費用をせっせと貯めている世帯もあります。

特に、30~40代の世帯、つまり子育て年代での格差が広がっているようですね。

これは、最近、よくテレビなどでも取り上げられているように、子供の教育の格差にもつながりかねません。

年収が中央値の半分に満たない世帯が貧困世帯とされていますが、貯蓄額も考慮に入れて再計算するべきでしょう。

収入が少なくても、しっかり貯蓄できている世帯は、貧困という範疇には入りません。

逆に言えば、高収入であっても、浪費を繰り返していれば貧困に陥るのは簡単です。

今の日本の現実を拾ってみると、「貯金なんてほぼゼロで病気にでもなったら即生活破綻」という人が結構多いのですね。

そういう僕も、例外ではありません。

預貯金と株式などの資産の合計よりも、住宅ローン残高のほうが多い現実が、それを物語っています。

危機感を持つべきは、僕のほうかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする