年収700万円の人は15年前と比べて手取りが50万円減少

厚生労働省の『国民生活基本調査』によると、世帯主が50代の世帯の貯蓄額は260万円も少なくなっている、とのこと。

理由を言いましょう。

税金と社会保険料が増加しているため、手取りが減っていると、こうなっております。

で、額面700万円の方でしたら、15年前と比べて、手取りが50万円減少しているそうです。

もし、税金や社会保険料が増えなかったら、15年×50万円=750万円が貯蓄できたわけです。

年収700万円と言えば、会社員としては、ほぼ勝ち組のレベル。

まあ、中流どころ。

その中流が、税金と社会保険料の増額の直撃を受けている感じですね。

日本は、人口が減っていきますから、企業が稼いで多額の税金を納めてもらうしかないんですね。

でも、その中核で働く正社員、いわば、中流の人たちが、搾取されていたら、彼らも、ますます財布のひもが固くなると思うのですよ。

で、下流老人をはじめとした、非正規雇用の人たちも、消費に回すお金は少ない。

うーん、やはり庶民は、自分の身は自分で守るしかないかな、と。

これからの暮らしは、質素な生活が主流じゃね、と、思うのは僕だけではありますまい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする