70歳から年金受給が開始になったらいくら貯めればいいの

『65歳時点で、2000万円の貯蓄が必要だ!』と、金融庁が発表したあとの顛末を想うと、これから長い人生を生き抜く世代は、どう思っているのでしょうか。

今後、年金制度を継続するために、『年金受給開始年齢の引き上げ』が行われるのは、間違いないでしょう。

現段階では、70歳に引き上げられる可能性が高くなっています。

金融庁の試算では、必要な生活費は、1ヵ月あたり26万4000円、年金等の収入は、1ヵ月あたり20万9000円です。

で、そもそもこの設定自体が、僕には現実味がありません。

今現在60歳の僕は、月12万円前後の収入で、住宅ローンを払い、生活しているからです。

勿論、足りない月もあります。

そのようなときは、預貯金からの持ち出しになりますが、いずれにせよ、2000万円などという大金は、持ち合わせていません。

一般論や、無責任な試算に振り回されることなく、自分の生活の足もとを見て、自分には、いくら必要なのかを考えればよろしいかと。

今でも、月12万円ほどのアルバイト収入で暮らしている僕ですから、住宅ローンの返済が終われば、生活が楽になるのは必定。

なので、仮に、見込み年金、月9万円であっても、普通に暮らしていけます。

ただ、注意すべきは、年を取っていくということ。

年を取るにつれ、病気やケガ、あるいは気力の減退から、今ほどは、ローコストで暮らせなくなるでしょう。

その辺を織り込んでも、月9万円で、不足なく暮らせるかとは思いますが、余裕はありません。

多少でも余裕が欲しい場合は、あと数万円は上乗せしたいところ。

それは、株式投資からの収入であってもいいし、軽いアルバイトの継続であってもいいし、年金の繰り下げによる上乗せでもいい、のですよ。

で、今後、年金が70歳支給になっても大丈夫なようにするには、ローコストで生活できる、サバイバル能力を磨くことではないでしょうか。

なので、70歳から年金受給が開始になったらいくら貯めればいいのかは、人それぞれ、でしょう。

そう、思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする