庶民はただ、命をつないで生きていくだけなのか

FPの家計相談シリーズというのを見ていて、若い夫婦、子供一人世帯の家計簿を見て、本当に生きていくだけの生活だな、と思いました。

ただ、僕なりに、これは無駄ではないかというのも少し見えました。

以下は、その相談者のプロフィール

・女性、31歳、既婚、子供1人(4ヵ月)
・職業:専業主婦
・居住形態:賃貸
・手取りの世帯月収:19万円
・毎月の支出目安:18万6000円
・貯金:100万円
・負債(住宅ローンなど):なし

そして以下が、家計内容

・家賃:5万1000円
・光熱費:1万2000円
・通信費:1万6500円(携帯・ネット回線)
・車ローン:2万4000円
・車保険:9800円
・ガソリン:1万円
・食費:3万円
・雑費:1万円
・小遣い(夫):1万円
・保険:2500円
・貯金(子供用):1万円

20万円を切る手取りで、賃貸に住み、子育てもしている、ある意味典型的な若夫婦ですが、車の保険、高すぎじゃね、と思いました。

ちなみに僕の場合、車の保険は、年払いで、15000円弱。

クレジットカード1回払いにして、ポイントも付けています。

車をローンで買っているのも気になります。住宅ローンなどと違って、車のローンは金利が高いと思うからです。

でもこの旦那、月1万円の小遣いで、よく頑張っていると思います。

夫婦と子供の3人暮らしで、手取り19万円の暮らしでは、余裕などは一切なく、ただ生きていくだけの生活だと思います。

このような家計は、特別貧しいわけではなく、平均的なものだと思います。

まあ、平均の幅を広く考えた場合ね。

庶民は、こうした倹しい生活の中で、貯金をしながら、将来に備えているのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする