未婚者は約7割が貯金500万円未満

株式会社じぶん銀行が、じぶん銀行口座保有者計364名を対象に「家庭のお財布事情」に関するwebアンケートを実施したその調査結果が、この記事のタイトル。

じぶん銀行って、なんか、いかにも、おひとり様の銀行っぽい、ネーミングだと思うのは僕だけでしょうか。

ちなみに、僕は、じぶん銀行に口座は持っていません。

話題になった「老後資金2000万円必要」は、高齢無職の夫婦世帯での家計調査から導き出したもので、独身者は大体1500万円くらいという示唆もあるようです。

まあこれは、年金受給額によって変わってきますね。

つまり、年金受給額というフローが太いか細いかで、必要な預貯金額も変わってくると思うのですよ。

僕のように、年金予想額が9万円ほどでも、その範囲内で生活できるスキルがあれば、極端な話、預貯金ゼロでもいいわけですよ。

ただ、それでは急場の備えはできていないことになるので、せめて、500万円くらいはないとね。

ということで、未婚者は約7割が貯金500万円未満ということですが、僕がまず目指すべきは、そこかな、と。

今現在は、持ち株と銀行預金を合わせれば、そのくらいの額はあるのですが、それ以上の額の住宅ローンを抱えているので、相殺するとわずかにマイナス。

つまり、実質、預貯金ゼロ。

うーん、質素な暮らしはまだまだ続きますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする