旦那が稼ぎがなくて苦労している女性をかなり見てきた

僕は独り者なので、ときどきですが、気楽に愚痴をこぼされるのですよ。

その中で身につまされるのは、稼ぎのない夫を持った妻の不幸、ですね。

僕自身も、あまり稼ぎは良いほうではなかったので、人のことは言えないのですが、でも、介護離職で辞めるまでの21年間(二つの会社に設備管理の仕事で在席)の稼ぎは、年収300万円台から400万円台でした。

あと少しで500万円突破というところ、すなわち、年収490万円くらいがマックスだったと思います。

まあ、総じて稼ぎはそう多くはない。学歴高卒の職歴転々では、そのあたりが関の山。

で、それでも僕は独り者だったので、不自由はしませんでしたよ。

デモですね、世の中には、稼ぎもろくにないのに結婚する男がいるのが、僕の神経では理解できません。

女を金づるにして、生きていく男もいますね。男の愚図だと思っていますが、そんな屑が子供まで作ってどーすんだよ、と。

自分の経済力を無視して平気で結婚できる奴の気が知れません。

実は、僕は旦那が稼ぎがなくて苦労している女性をかなり見てきました。

まあ、はっきり言って、宗教活動をしていたときですが、旦那に稼ぎがなくて、妻が苦労する姿をいやというほど見てきました。

また、旦那が宗教バカで、突っ走り、その尻拭いを妻がしている姿もね。

バカな旦那を持った妻の不幸は、見ていて悲惨ですが、その旦那を選んだのは自分ですからね。

そういう僕も、カルト宗教にはまったのは自分なので、すべては自己責任。

今はカルトとは縁を切り、まっとうに生きていますが、今もなお旦那で苦労している妻たちのうわさを聞くたびに、多少は苦しくもなります。しかし、どうしてやることもできません。

まあ、夫婦というのは、同じレベル同士が一緒になるとは、斎藤一人さんも言っていますが、生涯独身の僕は、妻に苦労を掛けなかったことだけは、良かったな、と思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする