国民の三割が金融資産ゼロ

金融広報中央委員会が運営しているサイト「知るぽると」が2016年に調査した結果によると、国民のうち、全体の三割が金融資産を持っていないということになっています。

確かに、お金に困って闇金に手を出す人がいるくらいですから、この数字は頷けます。

リボ払いに頼る人も多いと聞きますし、生きるために借金せざるを得ない人は、僕の知り合いでもいます。

ただ、僕が懸念するのは、一度借金癖がついてしまうと、お金を借りることへの抵抗感が薄れる点です。

僕などは、住宅ローンこそありますが、金利は、0.775と低く、着実に返済しています。

つまり、時の経過とともに、住宅ローンは少なくなっていくわけです。

ところが、借金癖のある人が借金漬けになると、容易には抜け出せません。

金融試算を保有していない人の割合が三割にのぼる一方で、一世帯あたりの金融資産保有額の平均は1078万円と、一千万円を超えているわけです。

で、注目すべきは、平均値ではなくて、中央値。

そこで、中央値を確認してみると、30代で約170万円、40代で約200万円、60代では、約650万円となっています。

僕は、と言うと、60代。

まずは、この中央値を目指さないとね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする