働くことだけがマネタイズではつらいよね

お金を得る方法はいろいろありますが、誰でも思いつくのが、働くこと。

働いてお金を得る、というのは至極まっとうなことであり、誰はばかることなく人に言える正論でもあります。

また、戦後の学校教育も、大量の労働者を市場に送り出すための画一的な指導をしてきました。

即ち、働きアリのような労働者、働いてお金を得ることしか考えない人間が、大量生産されたのですよ。

でも、ピケティ氏の本によると、労働収入が報われたのは、ほんの一時で、これまでの歴史は、常に、資本家が有利であった、と。

まあ、僕は左寄りの思想の持ち主ではないので、資本家は敵だ、とか、バカなことは言いませんが、少なくとも、働くことだけがマネタイズ、では、芸がなさすぎ、とは思っています。

それと言うのも、人は年を取り、だんだんにその、頼みの綱の労働力、そして、労働意欲も、削がれていくのですよ。

70を過ぎても生活のためにパートを掛け持ちしている人の話をネットで見ましたが、悲惨過ぎ。

老後の年金も、確かに生活の柱ではありますが、それだけでは、ちと寂しい。

その点、株式投資は、夢があります。

体力も、関係なし。年齢性別も、関係なし。

働くことでしかマネタイズができないと思い込んでいる人がいたら、どんなに少額でも、投資でお金を稼ぐことも、視野に入れたらいかがでしょうか。

株式投資は、不動産投資などと違い、少額でも、始められますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする