住宅ローン支払い専用通帳

以前も一度公開した住宅ローン支払いのための専用通帳ですが、変動金利で借りています。

まあ、年齢も行っていて長期では借りられず、15年の長さなので、さらに言えば、いざとなれば、株の売却での繰り上げ返済も考えているので、変動金利にしているというわけ。

ただ、ネックは、全株式を売却しても、住宅ローン残高には届かない点。

で、あるならば、売れる株は売って現金化しながら生活防衛資金に充て、塩漬けのまま様子を見る株と、株主優待が有効利用できる飲食系の株は持ち続けて、何とか細く長く株式投資も続けていこうという考え。

さて、住宅ローンですが、毎月、残高を確認しながら、必要な金額を入金しています。

アルバイトは、日給月給なので、収入にばらつきがあるため、入金額は毎月一定ではありません。

お金をいただいたら、残高を確認しながら、まずは住宅ローンの支払い。

これが、現時点の僕の最大の固定費。

この支払さえ済めば、あとは残ったお金で細々と生きて行けばいい、と、こういうことになっております。

アルバイトの平均収入は、月11万円ほどなので、そこから、住宅ローンを支払った残りが、生活費という、まことに単純明快な家計となっております。

他に家族のいない、おひとり様だからこそできる明朗会計。

毎月の住宅ローンは、66517円。

まあ、家賃だと思えば、そんなに高くはありません。

マンション暮らしの頃は、毎月95000円の住宅ローン+管理費、修繕積立金、約20000円で、115000円は払っていましたからね。

しかも、その管理費、修繕積立金、今頃はかなり値上がりしているはずです。たとえば、25000円になっていたら、今の支払いは、毎月12万円になっていたはず。

そう考えると、マンションを手放して、実家に戻って、親の介護のために実家を建て替えたのは、正解だったと思います。

で、アルバイトで11万円くらい稼げれば、問題はありませんが、年末年始休暇がある月の手取りは、当然その分、安くなって9万円台。

さすがに10万円以下の収入で、住宅ローンを払っての暮らしは大変になりますが、それは、賃貸住宅であっても同じこと。

住宅ローンを完済する予定の69歳までアルバイト生活を続ける可能性が大なのですが、アルバイト先は変更していくでしょうね。

それは、僕の都合であったり、向こうの都合であったり、するでしょうが。

まあ、アルバイトも、今のところなら、半日勤務なので、良い気分転換になっていたのですが、今は内省への思いが生じ始めており、瞑想的な生活に移行することも視野に入れています。

その場合、株の売却が加速していくでしょうが、人間の寿命は分からないので、心の赴くままに、行動しようと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする