「ゆとりある老後」という言葉に踊らされない賢さを持つ

今日の読売新聞に、変わる「老後」と題した記事が載っていました。その記事の中で、ゆとりある生活は月34.6万円という数字が。

不安を煽る広告に注意

そしてその記事によると、セカンドライフ、つまり老後生活の、最低日常生活費を月22.6万円としています。そしてゆとりある生活との差額、月12万円を何とかしましょう、ということのようでした。

ただ、この記事、よく見ると、片隅に広告の文字が。つまり、野村證券の商品PR広告だったのです。

この広告記事だけでなく、世間には、やたらと老後不安を煽る記事が氾濫しています。そうした記事に踊らされて、根拠のない不安に陥る人もいるでしょう。

ローコスト生活の利点

そもそも老後にいくら必要かは、各自の置かれた環境で違ってきます。持ち家が賃貸かでも変わってきますし、家族内に引きこもりの子供がいるかいないかでも変わってくるでしょう。

ですから、いたずらに不安がるのではなく、まずは自分の置かれた環境をしっかりと把握することが肝要です。その上で、自分が不安なく生活できる金額を割り出すのです。

僕自身は、月10万円あればゆとりある老後が送れると思っています。それは、僕が物質的欲求に重きを置いていないからでもあります。僕自身は、ローコスト生活が身についているので、老後生活は全く不安ではありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。