たくさん稼いでいる人が、たくさんお金を持っているわけではない

僕はマネークリニックなどのお金の相談コーナーを見るのが好きなのですが、そこでいつも思うのは、たくさん稼いでいる人が、たくさんお金を持っているわけではない事実、です。

これは、何を意味するかと言うと、収入以下で暮らしていれば、人は、困らない、ということ。

ところが、年収が1000万あっても、それ以上の支出があれば、貯金ゼロ、どころか、マイナス。

一方、年収300万円でも、質素に150万円ほどで生活すれば、一年で貯金は150万円。

実は僕自身、親の介護が必要になり、自宅マンションの売却と、実家の建て替えを、ほぼ同時期にやり遂げたのですが、その時が53歳と54歳。

マンション売却が53歳で、建て替えが54歳。

で、民主党政権時で、マンションは底値売却で、かろうじて残債がなくなり、引っ越し費用を出したら、貯金はゼロ。

その少し前に、お金のかかるカルト宗教をやめていたのも、よかったかな、と。

まあ、なにはともあれ、53歳で無一文。

ただ、仕事をしていたので、キャッシュフローはあったのですよ。

それと、放置の株が2銘柄で、金額にして、40万円ほど。

まあ、この2銘柄合わせて40万円ほどの株価が、全財産の53歳。

で、実家の建て替え時には、母親のなけなしの貯金、100万円を提供してもらい、頭金を用意するまでの期間に、僕自身も、全力で貯金し、200万円弱の頭金を用意し、千数百万円を借り入れし、実家を建て直すことができました。

当時は、親の年金があったので、それで生活し、僕の稼ぎは、小遣いを除き、全額貯金。

全力で貯金できた時期は、介護離職するまでの56歳までなので、2年ほどでしたが、その間に500万円くらいは貯めたように思います。

ただ、そのお金を現金で所有するというよりも、株式投資のほうに回していたので、今でも、現金は、数か月生き延びられる程度の所有で、あとは株式として持っています。

ただ、その株式も、今は含み損なので、総資産は、押して知るべし。

で、何が言いたいのかと言うと、節約力の大切さ。

僕は、ここ数年で、ほんとうに人が変わったように、お金にはシビアになることができました。

あれほど馬鹿で能天気だった僕が、遅きに失したとはいえ、なんとか、最低限のマネーリテラシーを身につけ、今61歳。

一万円節約できれば、一万円稼いだのと、同じ。

節約=貧乏な暮らしと思っている人がいるとしたら、発想が貧しいんです。

金を使わずに楽しめることは、人生には山ほどあるんですから、それを知らないだけなんだと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする