年金支給が68歳に伸びたのだ

そもそも年金支給って60歳だったのですよ。

それがですよ、やっと60歳になってもらえるというところで、65歳に延長。

まあ、それでも僕の世代はまだいいほうで、報酬比例部分が63歳からもらえます。

気の毒なのは、若い人です。

65歳が、68歳に、そして、70歳に、というように、あたかも消費税率のように、上がっていくのはほぼ確実なのですよ。

で、この間、夢を見ました。

僕の、50になったばかりの、男のいとこが出てきて、泣いているのです。どうした、と訊いたら、年金支給が68歳に伸びたのだというのです。

そのいとこは4月2日生まれで、4月1日だったら、ぎりぎり65歳支給だったのだそうです。

まあ、どこかで線引きは必要なわけで、その1日違いで、3年分の年金が消えたわけです。

これは、あくまで夢の中の話なのですが、あり得ることだと、僕は思ってしまいました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする