世界一透明性のない銀行

世界一透明性のない銀行はどこだと思いますか。

バチカン銀行だそうです。

先日、お昼の番組で、そのバチカン銀行について知り、ネットで検索。

その流れから見つけたのが、以下の記事。

バチカン(ローマ教皇庁)は3日、ローマ教皇フランシスコの腹心だった枢機卿ら10人を、司法当局が横領、職権乱用などの罪で起訴したと発表した。

 発表によると、2013~18年、ロンドンの一等地のビル購入といった不動産投資を巡り、「タックスヘイブン」(租税回避地)を経由した不透明な金融取引があったという。地元メディアによると、この枢機卿は兄弟の事業に便宜を図るためにバチカンの資金を悪用したという。

 バチカンの資金を管理する宗教活動支援機関(IOR、通称「バチカン銀行」)は、マネーロンダリング(資金洗浄)の温床と指摘され、教皇フランシスコが改革を進めている。今年1月には、IORの元総裁に実刑判決が下された。IORの20年の預かり資産は約50億ユーロ(約6600億円)に上る。

うーん、で、何が言いたいのかというと、

聖職者の世界も、ドロドロじゃね、ということ。

まじめに生きている庶民が、

一番偉いのかもしれませんよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする