40代前半(40~44歳)の月収の中央値

厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、40代前半(40~44歳)の月収の中央値は30万1300円。

月収60万円以上が全体の5.2%いる一方で、14.3%、7人に1人は月収20万円未満という状況です。

上記は、幻冬舎オンラインに記載されていたものですが、その内訳は以下の通り。

【40代前半の月収分布】 20万円未満(14.3%) 20~22万円未満(7.4%) 22万~24万円未満(8.6%) 24万~26万円未満(9.8%) 26万~28万円未満(9.6%) 28万~30万円未満(9.5%) 30万~32万円未満(8.9%) 32万~34万円未満(8.3%) 34万~36万円未満(6.8%) 36万~38万円未満(6.0%) 38万~40万円未満(4.7%) 40万~45万円未満(8.7%) 45万~50万円未満(5.6%) 50万~55万円未満(3.8%) 55万~60万円未満(2.3%) 60万円以上(5.2%) 厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』

うーん、だいぶばらつきがありますが、それはどの年代でも同じかも。

さて、記事は、以下のように、彼らの年金についても言及していました。

仮に40代で月収20万円程度、手取りにして16万円程度の人が、この先も劇的に月収が増えなかった場合、どれくらいの年金を手にすることになるのでしょうか? 現在の給付水準で60歳まで働き続けることを前提にシミュレーションしてみると、65歳から手にする年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金は4万円で、合計10.4万円ほどになります。

僕自身、転職が多かったので、年金を払った時期が飛び飛びで、

満額でも月10万円には届きません。

でも、空白期間もなく、ずっと勤務していて、

10万円程度の年金では気の毒です。

僕の場合は、自分で納得しているからいいのですが、

まじめに長年働いてきてその年金額では、

確かにきついよね、と思いました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする