お金を持っているのもお金が無いのも高齢者

日本の個人金融資産の65%を60歳以上の高齢者が所有している事実を見ても、

富の偏りがあるのを感じます。

どの世代も、貧富の格差はありますが、

それは、年齢を重ねるほど、顕著になっていきます。

その理由は、収入の差と生活習慣の差。

収入の差は、わかりやすいですね。

年収1000万円の人と、年収300万円の人とでは、その差は歴然。

しかし、ここに生活習慣が加味されると、ことはそう単純でもありません。

たとえ年収が1000万円あっても、生活レベルを上げて、貯蓄を怠っていれば、

資産は増えていきません。

一方、年収300万円でも、貯蓄や投資の習慣があれば、

徐々にではあっても、資産は増えていきます。

高齢者になったときに、どのくらいの資産があるかは、

そうした複合的な要因のなせる技、なのだと思っています。

ただ、注意すべきは、若い頃から株式投資などで資産を増やしていった、

マネーリテラシーがある高齢者であれば問題ないのですが、

単に大企業に勤めていたというだけで、

自然に小金持ちになってしまった高齢者の場合、

退職金などを、狙われる可能性があります。

狙われると言っても、なにも、狙っているのは詐欺師ばかりではありません。

たとえば、銀行員などが言い寄ってきたら、要注意。

資産運用を持ち掛けられ、

退職金を増やそうと思ったら、

逆に運用の失敗で資産を減らしてしまう高齢者もいますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする