独身資産家老人の資産管理

今後は、一人暮らしの老人が増えるにつれ、

独身資産家老人も増えていくように思います。

その際に、問題になるのは資産管理。

今、銀行では、「ボケた時の資産管理をして欲しい」という依頼が増えているそうです。

そうした依頼人が心配するのは、

資産管理の会社(本人の意思)と相続人とは利害が反するという点。

相続人は叔父や叔母の遺産が少しでも多い方が嬉しいため、

彼らが快適なボケ生活を送ることよりも、

最低限の生活で遺産を多く残してくれることを望むからです。

勿論、善意の相続人であれば、この限りではありません。

これは多分に、相談者の疑心暗鬼からくるものだとは思いますが、

独身資産家老人であればこその悩みかもしれません。

僕などは、正真正銘の天涯孤独者で、

兄弟もいないため、その必然として、

甥も姪もいません。

なので、こうした独身資産家老人のような憂いは、ありません。

いや、それ以前に、憂うほどの資産もないので、

気楽なものなのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする