65歳未満は60万円、65歳以上は110万円

65歳未満は60万円、65歳以上は110万円とは、何の数字かというと、

公的年金等控除の金額です。

65歳未満の人と65歳以上の人では違うのですね。

ちなみに僕の場合、63歳から貰える特別支給の老齢厚生年金の分が、

60万円以下なので、控除内に収まっています。

65歳から貰える年金については、118万円ほどなので、

こちらは、控除額を上回っています。

老齢年金の所得税(雑所得)は以下の計算式で計算します。

老齢年金の所得税(復興特別所得税(※)を含む)=(年金収入-公的年金等控除(110万円)-基礎控除、配偶者控除等の所得控除)×5%×102.1%

つまり、65歳からも、基礎控除(48万円)があるので、公的年金等控除の110万円と合わせ、158万までならば、税金はかからないということ。

なので、今後、アルバイトをするにしても、

この辺りの数字を考慮しながら、

ゆるゆると働けばよい、ということになります。

アルバイトをしなくても、男一人のローコスト生活。

月8万円もあれば十分暮らせるので、ノープロブレム。

今でも、月6万円ほどの暮らしですからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする