資本主義1年生で学ぶこと

今日は、ミクさんのブログから、引用しつつ、

学びの場としていきたいと思います。

100億稼いでも税率はたったの2割

これは資本主義1年生で学ぶことです。

  • 会社員で年収3000万円だと住民税+所得税=約1050万円
  • 株で3000万円儲けたら住民税+所得税=約600万円

年収は累進課税ですが、株の譲渡益は一律課税(所得税15%+住民税5%=20%)です。

1億円でリタイアしました。

配当金が毎年200万円入ってくるとします。

そのままゲットすると40万円課税です。

でも40万円も払いたくない……🥺

そこで「損だし」です。

投資家ならポートフォリオの下の方に塩漬けされたクソ銘柄があるはず。

こいつを活かすチャンスです。

「ああー!200万円損したァーッ!(税務署チラッ)」

と損切すれば「損益通算」されます。

つまりあなたの所得は0円です。

まるまる200万円が手取りになるほか、住民税非課税などの恩恵も受けられます。

うーん、ミクさんのブログ記事はまだまだ続いていますが、

引用は、ここまで。

株式投資をしている人には常識でも、

投資すらしていない人には、

目からうろこの内容。

本当に、

一番割に合わないのは、

こき使われている会社員、

だと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする