賞与含む月換算の平均標準報酬が43.9万円

国による年金シミュレーションが公表されていますが、

(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)は、22万0,496円から21万9,593円。

「この厚生年金のシミュレーションは、平均的な収入だという、平均標準報酬(賞与含む月換算)が43.9万円で、40年間就業した場合(老齢厚生年金と2人分の老齢基礎年金満額の場合)の給付水準だといいます」

だそうです。

賞与含む月換算の平均標準報酬が43.9万円ということは、年収にすると526万8,000円。

しかし、この調査によると、

これに該当するのは、全体の4分の1ほどの人だそうで、

残りの4分の3はそれ以下の水準。

で、その大半の人が実際にもらえるのが、以下の金額。

20万2,000円が、会社員の「ちょうど真ん中」のモデル夫婦が将来もらえる年金額。

ちなみに、単身男性だと、おおよそ13万7,000円が、月々手にできる年金額となります。

まあ、僕は、転職が多く、無職だった期間も長いので、

9万円ほどですけどね。

なので、

アルバイトをしながらの節約生活は、

年金受給後も、

継続予定。

その年金ですが、

特別支給分が今年からもらえる予定で、

そちらのほうは、

月5万円にも満たないのですが、

男一人のやもめ暮らし、

何とか、なるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする