年金をもらいながら働くと

例えば65歳以上であなたのアルバイト収入が1年間(1月~12月まで)で80万円、年金収入が1年間で130万円のとき。

アルバイト収入が1年間で80万円なので、あなたの給与所得は25万円となります。80万円給与収入 - 55万円給与所得控除 = 25万円給与所得

つづいて、年金収入が1年間で130万円なので、年金についての所得は20万円となります。130万円年金収入 - 110万円公的年金控除 = 20万円

それぞれの所得を合計すると、あなたの合計所得金額は45万円となります。25万円給与所得 + 20万円年金の所得 = 45万円合計所得金額

合計所得金額がわかったので、所得税を計算します。

所得控除を基礎控除48万円のみとすると、所得税は以下のようになります。

(45万円合計所得 – 48万円基礎控除) × 税率 = 0円所得税

以上のように、基礎控除48万円があるため、合計所得が48万円以下なら所得税はかかりません。

ちなみに、住民税は合計所得が45万円以下だと0円になります。

ただ、住民税は42万以下で非課税になるところもあるので注意が必要。

では、僕の場合で計算してみます。

年金は、およそ60万円、なので、年金所得は0。

なので、給与所得控除の55万円と、基礎控除の48万

円の合計、103万円までならば所得税はなし。

住民税非課税を狙う場合は、97万円までの稼ぎまでが安全圏、ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする