資産から負債を引いたものが、純貯蓄

ときどき覗く、ライフアンドマネーで、

純貯蓄、という言葉が出てきました。

そう、まさにこの純貯蓄こそが、

真水の貯金額、ということ。

以下は、その一部抜粋。

【年収650~700万円】貯蓄とその内訳 平均貯蓄額:1229万円  ・金融機関:1191万円  ・通貨性預貯金:405万円  ・定期性預貯金:316万円  ・生命保険など:330万円  ・有価証券:140万円 金融機関外:37万円 平均貯蓄額は1229万円と、1000万円を超えました。皆さんまとまった貯蓄を保有していることがわかります。内訳を見るとおよそ700万円が預貯金、他に生命保険や有価証券なども保有していますね。 では、負債額はいくらでしょうか。 【年収650~700万円】負債額 920万円(うち「住宅・土地のための負債」:861万円) 負債額は920万円でそのほとんどを住宅や土地が占めるため、住宅ローンが約900万円ほど残っていると考えられます。 貯蓄から負債を引いた金額を「純貯蓄」といいます。

【年収650~700万円】純貯蓄額 1229万円-920万円=309万円 純貯蓄をみると約300万円になりました。

うーん、 まさに、貯蓄から負債を引かないと、ね。

僕の場合は、預貯金と株式が資産ですが、

同時に住宅ローンもあり、それが負債。

なので、その資産から負債を引いたものが、純貯蓄。

この純貯蓄が、

少しでも増えるようにと、

精進している、

日々なのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする