54歳で、貯金はすべて吐き出し

僕自身、54歳で実家を建て直した時は、

貯金ゼロ、でした。

すべてのお金を吐き出して、建て替え資金に充て、

建て替え資金と言ってもそれは、

家の解体費、地盤強化費用、再測量費、

引っ越し代、建て替え中の家賃代、

そして、住宅ローンの頭金で、

大半は借金、

つまり住宅ローンのお世話になり、

家は建ったものの、

外構工事のお金が足りず、

あるだけ前金で友人に支払い、

あ、その友人が造園の仕事をしていたので、

ちょうどボーナスがその後入ったので、

ボーナス全額と、その月の給料を足して、

後払い分を、支払いました。

怒涛のように、お金が出て行ったとき、でしたね。

つまり、54歳で、貯金はすべて吐き出し。

あるのは、株式2銘柄。

それを売却しても30万円ほどだったので、

それは持ち続けることにしました。

以下は、ネットで見たマネーポストの記事からの抜粋。

厚生労働省の調査によれば、50代世帯の平均所得金額は756万円あるものの、21.8%が貯蓄ゼロ(※金融広報中央委員会の調査。世帯主が50代の2人以上世帯の場合)。いまの50代は、教育費・介護費・家のローンなどが一気に振りかかる大支出期なのだ。

50代は支出が重なる時期。貯金がゼロでも自然なことだし、恥ではない。生活をコンパクトにすることは未来をつくるための前向き、かつ必要な取り組みなのだと考え、いまからできることを行うことこそ、賢い選択だといえる。

うーん、僕の場合は、

実家の 建て直しがあったとは言え、

親の年金内で介護費用も生活費も賄えたので、

自分の稼ぎの大半は、

貯金に回すことができました。

そのときに、

多少なりとも頑張って貯めたお金があるので、

今は、こうして穏やかに暮らせているのだと、

思っています。

いくら貯めたかは、

過去記事でも書いているので繰り返しませんが、

あの時に踏ん張ったから今があると、

思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする